アジア熱
ここ数日アジアに行きたくて仕方なく、ネットで色んなアジア写真を見まくりました。
ヨーロッパにいるとアジアは遠いです。
本当にFar Eastですよ。

なので昔の写真を引っ張りだしてきて想いでに浸り中。笑
以下、2003-2004年の写真です。


↓台湾の夜市にて。おいしいものがたくさんありました。
f0218077_0365676.jpg


以下2枚は蘇州にて。真冬だからか靄がかかっていて、墨絵のような所でした。
f0218077_0385563.jpg
f0218077_0391022.jpg


ここから全て上海のもの。

古物店街。
がらくたも多いのかもしれませんが、レトロなものがたくさんあって見て回るのがとても楽しかった記憶が。
値段もあって無いようなもの。
洗濯物が窓から張り出しているのも上海らしくて良い感じ。
f0218077_0445671.jpg
f0218077_0451270.jpg


どう訳したら「お客ためじ輸送ぐ」になるのかどなたか教えてください。
f0218077_0462735.jpg


市内のデパート。
当時の資生堂AUPRESのイメガは仲間由紀恵さんでした。
(ちなみにロンドンのドラッグストアでは、松下奈緒さんのMAX FACTORのポスターを見かけます。)
f0218077_0493118.jpg


夕暮れ時。
f0218077_1583812.jpg


最後にお約束の夜景。気持ち悪い程ゆがんでいて申し訳ないです。
f0218077_0532640.jpg



アジアでは他に、韓国、中国(北京)、シンガポール、ベトナム、カンボジアと旅行しましたが、今一番再訪したいのは上海です。
この2004年の旅行で2度目だったのですが、今は又全然変わっているんだろうなと思います。

新たに行きたいのはタイ!
バンコクの猥雑さ、のんびりとしたリゾート地、本場のタイ料理にタイマッサージ等々興味はつきません。
でもやっぱり遠いなあ。(ため息)
[PR]
# by mm31042010 | 2010-08-16 00:39 | 日々のこと
逃げられた
やっと金曜日~。嬉しくてたまりません。(平日そんなに疲れてないはずなのになぜ?)
そして今日の最高気温は19度。
すでにコートを着ている人も見かけます。
私も今日は秋冬物のカーディガンを着ました。

今日は時々激しい雨が降り、仕事帰りの私も靴がびしょびしょになってしまいました。
家に着くころには止んだので、公園を散歩。
だんだん日も短くなってきているのが感じられるので、今のうちに楽しんでおかなければ・・・。

f0218077_752435.jpg

可愛い鴨がいたので写真を撮ろうとしたら逃げられました。泣
とても冷静にさっと避けられた気がしてちょっと傷ついた。笑

それにしてもこの後ろ姿。
胴体の丸っこさがたまりません。
私が鴨だったら絶対後をつけるに違いない。(だから逃げられた?)

BBCいわく、明日はまたheavy showerだそうです。がっかり。
[PR]
# by mm31042010 | 2010-08-14 07:54 | 日々のこと
Holland Park
昨日ホランドパークへ行ってきました。
大昔に来た事のあるような、でも初めてのような・・・。
最近特に記憶があやしいです。汗

大雨の中バスで出発しましたが、10分位で止みました。
二階建てパスの最前列席より撮影。
f0218077_018206.jpg
f0218077_0184115.jpg


雨上がりのホランドパークに到着。
緑が予想以上に多いです。ベンチも他の公園に比べるとかなり多いと思います。
f0218077_020124.jpg


雨はあがったものの、空は雲で覆われていて暗かったのがちょっと残念でした。
天気の良い日は素晴らしく気持ちの良い公園だと思います。
夏の間は野外オペラをやっているらしく、歌い手さん達のウォーミングアップ(なのかな?)の声が聞こえてきました。
f0218077_0242543.jpg


木々の間に彫刻やオブジェもたくさんあります。
これはちょっとリアルで怖かったです。
一人の時には近寄りたくない。
f0218077_0295034.jpg


この公園内には有名なレストランもあり、そのそばにきれいな薔薇園もありました。
雨上がりのバラについ夢中になる私と、あまり興味も無くまわりをふらふらする夫。
こんなバラを見ると、雨は嫌いだけど必要なものだと強く実感。
f0218077_0352239.jpg
f0218077_0354979.jpg
f0218077_0361194.jpg


薔薇園では、放し飼い?のクジャクのつがいも見る事が出来ました。
ロンドンでクジャクがいるのは、こことハーリンガムクラブ位?
人には慣れているようで、近寄っても逃げません。
動きが早くて上手く写真が撮れませんでした。残念。
f0218077_0422349.jpg


さらに歩いて行くと、有名な京都庭園が。
f0218077_044389.jpg

池があり(滝も)、鯉がたくさんいます。
昔小学校の近くに養鯉場(いまだになんて読むのかわかりません。汗)があり子供達の寄り道ルートだったため、私にとっては鯉なんて全然珍しくも何ともないのですが、夫にとっては鯉の大きさ、色、模様、等々楽しいものだった様子。
↓岩の手前で鯉が息継ぎしているのが見えますか?
f0218077_049577.jpg
f0218077_0492832.jpg
f0218077_0495139.jpg


この後園内を逆側まで北上したのですが、だんだんひと気が無くなって暗くなって来ました。
自転車に乗った巡回パトロールのポリスもいたし大丈夫とは思いますが、独り歩きは避けた方が良いと思います。

色だけみるともう秋な感じですねぇ・・・。
f0218077_0544599.jpg
f0218077_055563.jpg
f0218077_055299.jpg


最後に見かけた名前のわからない赤い花。好きな感じの色合いでした。
f0218077_102810.jpg



綺麗だとは聞いていましたが、予想以上に素敵な所でした。
是非とも又行ってみたいです。
[PR]
# by mm31042010 | 2010-08-09 01:04 | 日々のこと
チケット買い増し Passion
今日のお昼、Donmarから現在上演中の"The Prince of Homburg"のチケットオファーのメールが届きました。

それでちょっとドンマーのサイトをチェックしてみると、"Passion"のチケットが若干追加リリースされていました。

先日予約した際には9月、10月は全滅だったのですが、少しだけ残席が出てきていたので、9月のチケット(しかもサークル中央部分最前列!!)を一枚購入~。
元々良心的価格のドンマー、こんなに良い席でも定価で25ポンド。(月曜夜と水曜マチネはさらにどーんと安くなります。)
嬉しすぎる・・・。9月が楽しみだー!!と思ったらもう来月ではないですか。ふいにまた現実に帰ってしまいましたよ。

そしてメインを除くキャスト陣も先日発表になっています。

Elena Roger、Scarlett Strallen、David Thaxtonに加え、Simon Baileyが出るようです。

世間でとても評判のよろしくない現Raoulです。
私は今のキャストのファントムを観ていないので何とも言えないのですが、観た人みんなが「ラウルが太ってた。お腹の出たラウルなんてありえん」と言われるので、Enjolras時代結構好きだった私は正直微妙な気分です。

We Will Rock YouとかLes Miserablesの頃は、細くは無かったけど普通にかっこ良かったんですけどね。
TEATROでテレビに出始めた時も4人の中で一番男前だと思っていましたが。
↑このTeatroのGALLERYで2007年頃の写真を見ると、とてもすっきりかっこ良いよ。
そんなに今太ってるのかな・・・。ちょっと見るのが不安です。

ちなみにSimon BaileyがEnjolras時代、代役を務めていたのが、いがぐり頭だったDavid Thaxtonです。

なんだか長々とSimon Baileyについて書いてしまいました。ひょっとして好きなのかも。ふふ。
[PR]
# by mm31042010 | 2010-08-06 05:25 | 演劇・ミュージカル
Orient Express
ふと気付くともう8月も5日になろうとしています。
このままではあっという間に今年が終わってしまう!
先日ハロッズへ行った際、今週金曜日(6日)にはX'mas Worldがオープンすると書いてありました。
最初は小規模でしょうが、もうジングルベルが鳴り始めるわけですよ。

今日は最高気温が20度を切ったらしく、今後もせいぜい22度程度の日が続くようです。
一時的に暑かった時がありましたが(5月、6月の一時期?)、もう夏は終わったのかなと思います。
暑いのは苦手なので、今のロンドンの気候は個人的にベストです。
薄手ではありますが、長袖を二枚重ねて着てちょうど良い位。(朝晩はこれだとちょっと寒い感じ。)


話は変わりますが、オリエント・エクスプレス。

日本語サイト
英語版Wikipedia *19世紀の宣伝ポスターが素敵です。

聞いたことは何度もあるこのオリエント・エクスプレス、うちの近くを走っているのを知ってはいたものの、実際に目をしたことはありませんでした。

が、今日、バスの中から目撃!
もくもく蒸気を上げながら走っている列車が目につき、よく見てみると、まさにこれ。→ flickr

ちょっと調べてみたところ、ロンドン発10:45、パリ着同日21:17、片道495ポンドより。
高い~!!と思ったけど、ロンドンの星付きレストランで2食+お茶とかしたら同じ位かかるのかもしれないです。
車内での宿泊が伴う行程のものは、1,000ポンド以上でした。

ちなみに私が先日パリに行った際にユーロスターに支払ったのは、片道34.5ポンド也。
やはりオリエント・エクスプレスはお金と時間がふんだんにある方向けです。

Wikipediaの日本語版を読んでいて思ったのですが(特に戦時中、戦間期の項目)、地続きのヨーロッパならではの歴史やエピソードがつまったロマン溢れる?ものですね。
今となってはそんな雰囲気も薄れているのかもしれませんが、形を変えながらであっても存続して行って欲しいなと思います。

クリスティの『オリエント急行殺人事件』はまだ読んでいないのですが、雰囲気を味わうためにも映画(1974年の作品だそうです。キャストが豪華)を観てみたいなと思いました。
[PR]
# by mm31042010 | 2010-08-05 04:16 | 日々のこと