タグ:Jersey Boys ( 10 ) タグの人気記事
Jersey Boys
2010年7月31日(土) 15:00 Prince Edward Theatre

今回のThe Four Seasons。
f0218077_45013.jpg


Lorraine - Lucinda Gill (1st cover)
Donnie/Knuckles - Paul Iveson (1st cover)
Joe Pesci - Ben Evans (1st cover)
Gyp DeCarlo - Mark Carrol (1st cover)

初めて観るJye FrascaのFrankieなので、とても楽しみにしていました。
登場した時のイメージは少年そのもの。
非常階段からTommy達を見ている時の笑顔もかなりかわいらしい感じ。
時々演技にPesci風味が入るのは仕方がないかと思いますが、中々の熱演でした。
ただ歌は少しきつそうで、表情にも余裕が無く見えた場面がいくつかありました。
いかにFrankie役が大変かというのが何だかわかったような気がします。

でも歌自体はとても上手くて(ミュージカルの役者さんにこんな事を言うのは失礼ですが)、彼の歌い方の特徴を生かせる曲調の所では、本当に力強くて思わず引き込まれてしまいました。
一番良かったなと思ったのが、"Can't Take My Eyes Off You"のサビ部分。
(これはいつかどこかでどなたかが同じ事を書いておられたのを見ました。)
あ、今回もこの曲の2度目のサビ部分に入るところで上で見守っていたBobが何か言って立ち去りました。
Frankieに言っているような、でももしかしたらBob自身に向けてのひとことかもしれません・・・。

ちなみにBeggin'の頭の部分、軽々とスプリッツを左右披露~。
ここはスコットさんに負けてないはず。身軽でした。


Lorraine役は今日もLucindaさんでした。
前回彼女の"I Still Care"が面白かったので、ちょっと嬉しかったりして。
彼女の舞台での七変化ぶりは見ごたえがあります。


そして密かに今回注目していたのが、Joseph Prouseさん。
いつもNorm Waxmanをやりながら、そして他の役もやりながら、さらにサブでドラムも叩いているのでとても不思議だったんですよね。
なので今日は彼の動きに注目。
最後も自分のカーテンコールのお辞儀が済んだらさっとドラムに移動されていたのを確認。
カーテンコールが終わって他の役者さんがはけた後も、最後まで演奏されています。
趣味程度でなく、舞台で叩けるとは素晴らしい。多才だなー。



今回とは全く関係ない写真ですが。
2週間位前に仕事の後ピカデリーに用事があった際、Piccadilly Circusの駅が何故かその日閉鎖されていたため、Tottenham Court Road駅で降りてソーホーを南下しました。
すると前からNickの人が歩いて来る!はっとして時間を見ると18時ちょっと前で、ちょうどステージドアのある通りを歩いていたのでした。
火曜マチネが終わった後ですね。その時道の反対側から撮った写真です。
とてもなごやかムードでした。
f0218077_5275652.jpg

[PR]
by mm31042010 | 2010-08-01 04:40 | 演劇・ミュージカル
Les Miserables
2010年7月2日(金) 19:30- Queen's Theatre

CAST
Jean Valjean - Simon Bowman
Javert - Hans-Peter Janssens
Fantine - Rebecca Seale
Eponine - Samantha Barks
Cosette - Camilla Kerslake
Enjolras - Killian Donnelly
Marius - Nick Jonas

レミゼ新キャスト、+期間限定マリウス(7月10日まで)のNick Jonas(Jonas Brothers)目当てに観て来ました。

まだまだ若いNick Jonas(今年の9月で18歳)、小柄で中々可愛いマリウスでした。
外見的には個人的にかなりの高得点だと思います。
コゼットに想いを寄せる、恋する馬鹿(失礼)な感じが良く出ていて演技も悪くなかったです。
但し歌はちょっとな感じで、Empty Chairs・・・は正直イマイチ。

本来マリウス役の役者さんがやる脇役部分(囚人とかfactory workerとか)は、本来のマリウスであるAlistair Brammerがやっていたのを確認。

新しいEnjolras、Killian Donnelly(前期までswing)は、外見・歌の感じ等がDavid Thaxtonと本当に良く似ています。
David Thaxtonの方が色んな意味でシャープだったとは思いますけど。
金髪でいかにもアイリッシュな顔だなー、と思いながら観ていました。Ronan Keatingにもなんとなく似ていると思います。(なんとなく、です。アイリッシュ具合がなんとなく。David ThaxtonはWelshですが。)

新しいコゼット(この人も7月10日まで)は21歳だそうですが、とても大人っぽく、子供扱い?をするバルジャンに対して露骨に「ウザい!」という顔をしているのが印象的でした。
マリウスと比べると初々しさは無かったです。

バルジャンについては、ノーコメント。
次回は1st coverのJonathan Williamsがバルジャンを演じる日を狙って観に行くかもしれません。


*****************************************
2010年7月8日追記

Nick Jonasの出演期間が2週間延びたそうです。
Jonas Brothersのツアー日程の変更によるものだそう。

O2での25周年コンサートのEnjolrasがRamin Karimlooに決まったそうです。
Eponineは現WEキャストのSamantha Barks。
彼女は始まったばかりにしては歌も演技も良かったと思うので、数ヵ月後に是非又観てみたいです。

f0218077_4344848.jpg写真がありました。(whatsonstage.comより)

余談です。
[PR]
by MM31042010 | 2010-07-04 20:53 | 演劇・ミュージカル
England x Beggin', World Cup


つい反応。



***2010年6月12日追記***

この動画ですが、英国外からはご覧になれないようです。
気づかず失礼しました。
同じものがどこかにないか探してみます。
[PR]
by MM31042010 | 2010-06-08 08:14 | 日々のこと
UK旅行記・JB観劇記
といっても私のものではないのですが。

黒沢健一さんがオフィシャルサイトでロンドンでのJersey Boys観劇について書かれているのを発見しました。
(2010年5月22日 UK旅行記 その3)

2月下旬から3月にかけてロンドンに滞在された際に当日券を買ってご覧になったそうです。
本当に純粋に楽しまれたんだろうなというのが読み取れて、何故か私まで心が暖かくなりました。
[PR]
by MM31042010 | 2010-05-26 08:24 | 日々のこと
Prince Edward Theatreに行ってみたら
フォーを食べた後、ソーホー内を久々に散歩。
Prince Edward Theatreの前を通りかかると、シアターまわりの写真が全て現行キャストに差し替えられているのを発見。
f0218077_20451581.jpg

f0218077_20455098.jpg

本当に良いお天気で、周囲のカフェ・レストランのテラス席には人があふれかえっていました。もちろん通行人もたくさん。
そんな物凄い賑わいの中、白昼カメラを取り出すのはちょっと恥ずかしかったのですが(しかも一眼レフ)、設定なんか何も見ず、鞄から出してさーっと撮って逃げるように場を去りました。(自意識過剰)
キャスト表を確認するのを忘れてちょっと後悔。

ニックに興味のある方
[PR]
by MM31042010 | 2010-05-23 20:56 | 日々のこと
Jersey Boys
JBでストレス解消。

2010年5月7日(金)19:30
この日のFour Seasonsは以下の通り。
f0218077_2481856.jpg


Bob Crewe - Paul Iveson (1st cover)
Lorraine - Lucinda Gill (1st cover)

その他は全員集合。

More
[PR]
by MM31042010 | 2010-05-09 03:37 | 演劇・ミュージカル
Jersey Boys 再訪
Four Seasonsで食事の後は、別のThe Four Seasonsを観に劇場へ。

25 March 2010 (Thu) 19:30 Prince Edward Theatre

この日の4人は以下の通り。↓
f0218077_19591620.jpg


キャスト交代直後、今ならホリデーも無く、主要キャストは皆揃っているだろうということで、とりあえずScott MonelloバージョンのFrankieを観てきました。
実際この日はSwingが誰も出ておらず、全員集合。

この日もStallsのB列でしたが、今回はやや別角度の席。
前回は最後のカーテンコールでNickの前、今回はFrankieの前。
たったの5席ずれただけでも見え方が全然違いました。

ScottさんのFrankie、ソツなくこなしてるなーと今回も思いました。
私は特にRyanとScottさん(なぜかRyanにはさん付けをしない)のどちらが好き、というのは無いのですが、"IN THE MOOD FOR LOVE"はScottさんのが好きです。

今回気づいた事といえば、Nick役のEugene McCoyさん、'Who Loves You?'のところで思ったのですが、かなりダンスにキレがありますね。笑顔も素敵。
劇中ではぬぼーっとしている事が多いだけに、かなりのギャップで心奪われました(笑)。
Michael Grandage版のGuys and DollsでRustie Charlie役をされていたということは、ハバナナイトやクラップシューターを踊っていたと思われるので、元々踊れる方なんでしょうね。
ScottさんやGlennさん同様、Arts Educational出身ですし。

この日はちょっとしたトラブルが・・・
[PR]
by MM31042010 | 2010-04-02 20:47 | 演劇・ミュージカル
Topless Rehearsal (Jersey Boys)
眠くて眠くてそろそろ寝よう・・・と思っていたのに!

たまたま開いたFacebookで目に入ってしまいました。
Jersey Boysロンドンオリジナルキャストによる、トップレスリハーサルのビデオ。(posted by Stephen Ashfield)

しょーもないけど面白い・・・。ついついリピートボタンを押してしまう。
上半身裸で、靴やらペットボトルやらをマイクに見立てて歌って踊る4人。
Philipさんもこんなことやるのねー、と思ったり。(カメラに向かってピースまでしてる。)
Glennさんはここでもやっぱり楽しそうなおっさんトミーですね。

Stephenも'Good laughs!'と書いているので、興味のある方(何に??)是非ご覧ください。
Facebookにログインしなくても見れると思います。
[PR]
by MM31042010 | 2010-03-27 10:05 | 演劇・ミュージカル
Jersey Boys
何かと忙しい年度末。
周囲で色々あって毎日寝不足で辛いのですが、忘れない内に何か書いておきます。
だらだら長い割に中身は無いと思います。Frankie、Bobについては特に言及してないし。手抜きですみません。

16 March 2010 (Tue) 19:30 Prince Edward Theatre
f0218077_923286.jpg

この日のThe Four Seasons
Frankie - Ryan Molloy
Bob - Stephen Ashfield
Tommy - Jon Boydon
Nick - Eugene McCoy

座席はいつものStalls B列(最前列)。
誰かと一緒に行く時を除き、いつもこの席にしています。
回数観たい私にとっては、お値段も手頃(20ポンド)で、かつステージまで異様に近いこの席をとてもありがたく思っています。
数シーン見切れてしまうのと、(人によっては)首が痛くなるのが難点ですが。

この日はキャスト交代により新メンバーで新たにスタートした日。
どうせ観るならほぼ確実に4人揃っているであろう初日のチケットを購入。
平日だからか1週間前でも余裕でした。

あまりにも自分の中で前のキャストのイメージが出来上がってしまっていてちょっと心配だったのですが、意外と違和感無く純粋に楽しみながら観ることが出来ました。
(これって歳をとったからでしょうか。以前はまっていた別の演目のキャスト交代時には、もっとあれこれ考えたりチェックしたりしながら観てました。
それとも最近ずっと楽しいミュージカルを観る時はワインを飲んでいるから??)


新生4人組の第一印象は、ビジュアル的に若い!ということ。
Tommy役のJon Boydonさん、実際の年齢はわかりませんが、Frankie役のRyanと同世代のように見えました。
彼のエージェントのサイトの紹介ページには、Playing Age: 21-40 years とあるので、真ん中とって30歳位?
前のTommy役のGlenn Carterさんと比べてしまうと、体格や年齢、声質などでイマイチ貫禄が無いかな、と思ってしまうのですが、それでもやっぱり、'Tommy DeVito'と名乗るところは格好良いなあと思ってしまいました。
最初SPRINGのシーンでは若いチンピラ風味なTommyでしたが、最後あたりのシーンでは腹が据わった余裕も見え、Tommyも彼なりに厳しい時間を過ごした上でのメンバーとの再会だったのだなと思ってしまいました。
自分が意図する方向に物事が進まず、それでもつい強がってしまうわけですね。

それからNick役のEugene McCoyさん。
背が高い!細い!というのが強く印象に残っています。
前のNick役のPhilip Bulcockさんは、端正で体格もちょうど良く、とてもうまく小奇麗にまとまったNickだと思っていたのですが、Eugeneさんは何だかアンバランスな魅力のある不思議なNickでした。
Mamma Mia!やLittle Shop of Horrorsに出ておられたとのことですが、JB以外の演目でも観てみたいです。
この人はどんな人なんだろう・・・ともっと知りたくなるというか。

色んな事が頭の中をぐるぐる回っているのですが、いざ書こうと思ったら全然手が進みません。
もう何をどう書いたらよいのやら・・・。
まだ一回観ただけだし、これから時間(回数)を重ねるにつれて演じる方も観る方も変わってくるんでしょうね。
それぞれ個体でのTommyとNickがどう変わっていくのか、そしてFrankie、BobとあわせてどんなThe Four Seasonsになるのか楽しみにしています。

新キャストになったとはいえ、継続して出ておられる役者さんも多いので、脇はがっちり固められている感じでした。
Tee JayeさんやStuart Milliganさん、Joseph Prouseさんなど、今回も良い味を出しておられました。
最後のツインドラムも迫力あって最高。これでいつも楽しく帰路につけます。

ちなみに一緒に行った夫は、The Weakest Link West End Special以来RyanのFrankieが大好き。
彼の面白い解答がツボにはまったらしく。
しかし最近Children In NeedでScott Monello Ver.を見てものすごく気になっている様子。
近いうちに行ければいいなと妄想中です。

ここからはほぼ独り言
[PR]
by MM31042010 | 2010-03-20 11:14 | 演劇・ミュージカル
新生Jersey Boys
早速観て来ました。
とりあえず写真だけupしときます。
続きはまた。
f0218077_8414481.jpg
f0218077_8415923.jpg
f0218077_8421194.jpg

[PR]
by MM31042010 | 2010-03-17 08:46 | 演劇・ミュージカル